自転車で露の厳寒の地へ、凍傷の日本人学生保護

読売新聞 / 2018年2月23日 19時36分

【モスクワ=畑武尊】ロシアの在ハバロフスク日本総領事館によると、東シベリアの厳寒の地として知られるオイミャコン村に自転車で向かおうとした日本人の学生4人が21日、地元当局に保護された。 ロシア通信などによると、学生は21~22歳で京都から来たという。1人が足に軽い凍傷を負った。4人は東シベリアの都市ヤクーツクを19日に出発したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング