憲法改正、党内から「少し黙って」…首相明かす

読売新聞 / 2018年3月2日 20時25分

安倍首相(自民党総裁)は2日の参院予算委員会で、憲法改正を巡り「我が党からも『少し黙ってもらいたい』という意見が強い」と述べ、発言を自重するよう求められたことを明かした。 日本維新の会の片山共同代表が、幼児教育から高等教育までの無償化を柱とする維新の改憲案への意見を求めると、「我が党で活発な議論がなされており、私自身の考え方をここで述べるのは控えさせていただきたい」と語った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング