オウム死刑囚、東京拘置所から複数移送へ

読売新聞 / 2018年3月14日 6時0分

地下鉄サリンなどオウム真理教が起こした一連の事件で死刑が確定した複数の死刑囚について、法務省は近く、東京拘置所から他の拘置所に移送する方針を固めた。 教祖の松本智津夫死刑囚(63)ら13人の死刑が確定するなどしたオウム裁判は、今年1月にすべての審理が終結しており、同省は、刑の執行について慎重に検討するとみられる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング