揺れ強く「気持ち悪くなる」振り子式あずさ引退

読売新聞 / 2018年3月14日 11時43分

鉄道ファンの間で「振り子式特急」として親しまれたJR中央線の特急「スーパーあずさ」に使われた車両「E351系」がほぼ四半世紀にわたる役目を終え、17日のダイヤ改正に伴い引退する。 カーブの多い中央線をスピードを落とさずに走るのが特徴だったが、揺れが大きいことから乗客の不満も多く、揺れの小さな新型車両に代わることになった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング