写真

大手SNSの米フェイスブックから、5000万人に及ぶユーザー情報が外部に流出した可能性があるという報道を受け、同社の株価は2018年3月19日、週末の終値から一時は7%近く下落した。 個人情報を不正に入手したとされているのは、2016年の米大統領選でトランプ陣営に協力した広告会社「ケンブリッジ・アナリティカ」で、米紙ニューヨーク・タイムズを始め、海外メディアが次々とその内容を報じている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング