自室で押収、「このナイフで刺した」…高2殺害

読売新聞 / 2018年4月15日 6時4分

広島県 廿日市 ( はつかいち ) 市で2004年10月、高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が自宅で刺殺された事件で、会社員鹿嶋学容疑者(35)(殺人容疑で逮捕)の自室からナイフが押収され、鹿嶋容疑者が県警の調べに対し、「このナイフで刺した」と供述したことがわかった。 県警は、凶器とみて鑑定を進めるとともに、長期間保管していた理由も調べる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング