首都圏マンション価格、バブル期以来の高水準 利便性高い物件が好評

J-CAST会社ウォッチ / 2018年4月17日 19時1分

首都圏マンションの発売価格が、バブル期以来の高水準を記録した。不動産経済研究所が2018年4月16日に発表した2017年度の首都圏マンションの市場動向によると、首都圏で売り出された新築マンションの1戸当たりの発売価格の平均が前年度と比べて6.9%上昇の5921万円だった。 駅から5分以内、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング