PHS四半世紀の歴史に幕…一般向け、20年に

読売新聞 / 2018年4月20日 21時39分

ソフトバンクは、「ワイモバイル」ブランドで展開している簡易型携帯電話(PHS)サービスについて、一部を除き2020年7月末で終了すると発表した。 ソフトバンクは現在、唯一のPHS事業者で、ピーク時に契約数が700万件を超えたPHSサービスは、一般向けには姿を消すことになる。 ガスメーターや自動販売機などの保守・管理向けに提供している「テレメタリングプラン」を除いたすべてのPHSサービスを終了し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング