菅官房長官「翁長氏には...」 膵がん公表に官邸が見せた反応

J-CASTニュース / 2018年5月15日 19時36分

膵臓(すいぞう)の腫瘍(しゅよう)を切除する手術を受けて入院していた沖縄県の翁長(おなが)雄志知事(67)が2018年5月15日に退院し、県庁で記者会見した。病理検査の結果、腫瘍は悪性で、進行度が「ステージ2」の膵がんだったことを明らかにした。2018年秋には知事選を控えるが、対応については明らかにしなかった。翁長氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設阻止を掲げて14年12月に初当選しているだけに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング