テレ朝社員、過労死認定…月に残業130時間も

読売新聞 / 2018年5月17日 7時27分

テレビ朝日で2015年2月にドラマのプロデューサーだった男性社員(当時50歳代)が亡くなり、三田労働基準監督署から同年7月に長時間労働による過労死と認定されていたことがわかった。 同社が取材に明らかにした。 同社によると、男性は労働時間の制限を受けない「管理監督者」として勤務しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング