ウナギ「高根の花」に、稚魚不漁で値上がり必至

読売新聞 / 2018年5月17日 16時53分

今夏の「土用の 丑 ( うし ) の日」(7月20日と8月1日)を控え、稚魚の不漁で、ウナギの値上がりが必至となっている。 成魚の取引価格も、前年より約5割高く、専門店はすでに値上げへと動いている。ウナギは高根の花になってしまいそうだ。 水産庁によると、ニホンウナギの稚魚「シラスウナギ」の不漁で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング