日大から「監督と選手の受け取り方に乖離があった」と回答…関学大による日大悪質タックル問題会見

スポーツ報知 / 2018年5月17日 13時42分

6日のアメリカンフットボール定期戦で、クオーターバック(QB)が日大選手から悪質な反則行為を受けた問題で、関学大アメフト部の島内秀晃監督(59)と小野宏ディレクター(57)が17日午後1時30分から、兵庫県西宮市の同大学で記者会見を行った。小野ディレクターが「意図的な悪質行為を選手に指導をすることはありません。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング