写真

問題となった危険タックルの瞬間。無防備な選手に背後からぶつかっている(関西学院大学提供)

近畿大学アメリカンフットボール部は2018年5月17日、日本大学と予定していた合同練習が中止になったと公式サイトで発表した。波紋を広げる「悪質タックル」問題を受けて、日大側が中止を申し入れた。近大広報室の担当者は取材に対し、「日本大学から『ご迷惑をお掛けするかもしれないので、辞退したい』との連絡があった」と説明した。 オープン戦の中止も相次ぐ状況 合同練習は6月3日に行われる予定だった。5月17日夕のJ-CASTニュースの取材に応じた近大広報室の担当者によれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング