東芝、「次の稼ぎ頭」は... 「メモリ」売却で再スタート

J-CASTニュース / 2018年5月20日 18時30分

東芝の半導体メモリー事業売却に垂れ込めていた暗雲がようやく晴れた。最後まで残っていた中国の独占禁止当局の審査でようやく承認され、東芝は2018年5月17日、米投資ファンド「ベインキャピタル」が主導する「日米韓連合」に6月1日に2兆円で売却すると発表した。一時、売却を白紙に戻すことも検討されていた。東芝は約1兆円の売却益を得て財務基盤が大きく改善、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング