被害QB父が日大選手会見から指導陣に激怒「刑事告訴も検討せざるを得ない状況だ」

スポーツ報知 / 2018年5月22日 18時17分

6日の定期戦での悪質なタックルによって関学大QB選手を負傷させた日大DL宮川泰介選手(3年)が22日、都内で会見したことを受け、被害QBの父親で大阪市議の奥野康俊氏(52)が関学大を通じてコメントを発表した。「激しい憤りを覚える。(日大の内田前)監督やコーチが最初から自分の息子をけがさせようとしていた。絶対に許されないことだ(中略)被害届を取り下げる準備もあったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング