青学大・原監督憤慨 悪質タックル問題で日大の見解に「日大の広報部って、誰を見て仕事しているのか」

スポーツ報知 / 2018年5月23日 11時14分

23日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)でアメリカンフットボールの定期戦での悪質なタックルで、関学大のQB(クオーターバック)を負傷させた日大3年のDL(ディフェンスライン)宮川泰介選手(20)が22日、都内で記者会見し、当該プレーは内田正人前監督(62)らの指示に従って行ったことを説明したことを特集した。日大は22日、宮川選手の会見後にファクスでコメントを発表。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング