隣の市に移住増、神戸市「取り合っても無意味」

読売新聞 / 2018年5月24日 16時40分

兵庫県明石市が、手厚い子育て施策をテコに、東隣の神戸市からの移住者を着実に増やしている。 広報紙などで近隣市と比べた子育て環境の優位性を強調。<住民争奪戦>の様相を呈し、神戸市は「人口減社会の中、隣同士で取り合っても意味がない」と反発している。 ◆ぜ~んぶタダ 「病院代、薬代、市外の病院ぜ~んぶ無料」「第2子以降の保育料が完全に無料(タダ)」。明石市が1月に作成した転入者向けの冊子には、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング