フジテレビ社長、「プライムニュース イブニング」プロデューサーのパワハラ認める

スポーツ報知 / 2018年5月25日 17時24分

フジテレビの宮内正喜社長(74)が25日、東京・台場の同局で定例会見を行い、報道番組「プライムニュースイブニング」(月~金曜・後4時50分)の男性プロデューサーが、部下である男性ディレクターへパワハラ行為を行い、減給処分となったことを認めた。社長は「現場でそういう事実があったので、規定にのっとって処分した」と明かした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング