再生医療の特許出願、日本は米中韓に大きく後れ

読売新聞 / 2018年5月28日 10時1分

再生医療の実用化に向けた日本の特許出願が米国や中国などに後れを取っていることが特許庁の調査でわかった。 再生医療は市場規模が2030年に世界で12兆8000億円に拡大するとの予測もある成長分野だが、この分野の特許を海外勢に押さえられれば、日本の競争力が低下する懸念もある。 特許庁が07~15年に日本と米国、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング