「18歳成人」改正民法が成立…22年4月施行

読売新聞 / 2018年6月13日 10時53分

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法は13日午前の参院本会議で、与党などの賛成多数により可決、成立した。2022年4月1日に施行される。「大人」の定義が変わるため、国民生活に大きな影響を及ぼしそうだ。飲酒や喫煙は、健康への配慮から「20歳未満禁止」を維持する。 施行されれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング