【パリ=作田総輝】パリ近郊の住宅の屋根裏部屋で、靴の空き箱に入れられて数十年間放置されていた中国・清朝時代の花瓶が12日、パリで競売に掛けられ、1620万ユーロ(約21億円)で落札された。落札額は、予想落札額の20倍以上だった。 競売会社によると、花瓶は18世紀の中国・清王朝の 乾隆 ( けんりゅう ) 帝時代(1735~95年)につくられた磁器製の逸品。高さ約30センチで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング