残業代の支払いを求めて提訴したことを理由に雇い止めされたのは不当などとして、大手タクシー会社「国際自動車」(東京)の元運転手12人らが慰謝料や未払い賃金の支払いなどを求めた訴訟の判決で、東京地裁(春名茂裁判長)は14日、訴えの一部を認め、計約4000万円を支払うよう同社側に命じた。 判決によると、12人は定年退職後に再雇用されたり、定年前に再雇用を希望したりしていた60~70歳代の男女。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング