「さらに大きな地震起こる可能性」…地震調査委

読売新聞 / 2018年6月18日 23時52分

大阪府北部で起きたマグニチュード(M)6・1の地震を受け、政府の地震調査委員会は18日に臨時会を開き、「(周辺の)三つの活断層帯などに関連した活動の可能性がある」との見解をまとめた。委員長の平田 直 ( なおし ) ・東京大地震研究所教授は「この2~3日の間は、さらに大きな地震が起こる可能性に警戒してほしい」と呼びかけている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング