「直下型地震、予知は困難」…山岡・地震学会長

読売新聞 / 2018年6月18日 23時15分

日本地震学会長の山岡耕春・名古屋大教授が18日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、同日発生した大阪府北部を震源とする地震の特徴などについて解説した。 山岡教授は「今回のような直下型地震は、震源が浅く、狭い範囲に強い揺れが集中するのが特徴」と指摘し、「予知は困難で、事前の備えが重要」と訴えた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング