延岡学園、天皇杯辞退…高校バスケ審判への殴打問題

スポーツ報知 / 2018年6月19日 8時0分

バスケットボール男子の強豪・延岡学園高(宮崎)のコンゴ共和国人留学生が、試合中に審判を殴った問題を受けて同校は18日、23~24日に行われる天皇杯県予選を辞退することを明らかにした。延岡市内で会見を開き、佐藤則夫校長は「誠にゆゆしき事態。絶対にあってはならないことであり、指導力不足で多くの方にご迷惑をおかけした」と謝罪。関係者によると現在、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング