平昌フィギュアで不正採点、中国審判を資格停止

読売新聞 / 2018年6月21日 9時29分

国際スケート連合(ISU)は19日、2月の 平昌 ( ピョンチャン ) 五輪のフィギュアスケート男子で採点の不正があったとして、中国の女性審判に資格停止処分を科したと発表した。同種目では羽生結弦(ANA)が66年ぶりの連覇を達成した。 ISUによると、懲戒委員会で調査した結果、女性審判は自国代表で男子4位に入った金博洋(中国)に対して、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング