がん転移見落とし3年放置、検査所見に目通さず

読売新聞 / 2018年6月22日 20時22分

兵庫県は22日、県立がんセンター(兵庫県明石市、吉村雅裕院長)で2015年4月、主治医が神戸市内の40歳代女性患者の肺がんを見落とす医療ミスがあったと発表した。今年4月に発覚するまでの3年間、女性の肺がんは悪化しており、同センターは女性に謝罪した。 発表では、女性は09年、同センターで子宮頸がんの手術を受け、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング