写真

定例会見に臨む立憲民主党の枝野幸男代表

衆参それぞれで野党第1会派の、立憲民主党と国民民主党の対立が深まっている。働き方改革法案の審議をめぐって野党が2018年6月28日に参院厚労委の島村大委員長(自民党)の解任決議案を提出したが国民民主党は参加せず、野党の対応は割れた。国民の大塚耕平共同代表は、「国民に説明がつく判断をしなければならない」などと他の野党の判断を暗に批判したのに続いて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング