被災地ボランティアを襲った「デマ」 復旧作業に尽力も「泥棒」と決めつけられ...

J-CASTニュース / 2018年7月11日 19時39分

「せっかく助けに行ったのに、こんなことになるなんて...」。J-CASTニュースの2018年7月11日の取材に、落胆の色を隠さずこう語ったのは、豪雨被害を受けた広島・熊野町でいち早く復旧作業に加わった男性(23)だ。善意で現地を訪れていた男性は、ネット上での「デマ」の被害に遭った。ツイッターなどに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング