787大量欠航、なぜANAだけが JALと差が付いた「エンジン選び」の背景

J-CASTニュース / 2018年7月16日 8時0分

全日空(ANA)が運航する最新鋭旅客機のボーイング787型機のエンジンに不具合が見つかり、点検の影響で大量の欠航が出る事態になっている。国内の航空会社ではANAの他に日本航空(JAL)が787を導入しているが、JALでは欠航は出ていない。787には、米ゼネラル・エレクトリック(GE)製の「GEnx」か英ロールス・ロイス(RR)製の「トレント1000」のどちらかを選ぶことができ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング