W杯、「アフリカが優勝」? フランス代表大半がルーツ、ネットで膨らむ議論

J-CASTニュース / 2018年7月20日 20時19分

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)で優勝したのはフランスだが、「アフリカの優勝だ」との主張が膨らんでおり、世界的に議論を呼んでいる。 フランス代表23人のうち、主力のFWキリアン・エムバペやMFポール・ポグバを含む大半がアフリカにルーツを持つ。だが、上記のような主張に「ナンセンスだ」とするフランス人アスリートの反論も根強くある。 フランスや欧州は「意義と強さを評価すべき」 ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング