東京都心34・6度…酷暑7月末まで続く見通し

読売新聞 / 2018年7月21日 13時16分

日本列島は21日も高気圧に覆われ、朝から気温が上昇している。気象庁は最高気温が35度以上の猛暑日になる可能性がある39都府県に「高温注意情報」を発表し、冷房の使用などを呼びかけている。 気象庁によると、正午現在、埼玉県鳩山町37・3度、鳥取市36・8度、大阪市34・8度を観測。東京都心も34・6度に達した。西日本豪雨の被災地も厳しい暑さとなり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング