防災ヘリ機体か、山中に破片…乗員?8人も発見

読売新聞 / 2018年8月10日 15時57分

群馬県の草津白根山付近を飛行していた9人搭乗の県防災ヘリ「はるな」(ベル式412EP型)が消息を絶った事故で、防衛省は10日、航空自衛隊の救難隊員が、同山付近の山林で、機体の一部とみられる破片と、乗員とみられる8人を見つけたと明らかにした。8人の容体は不明という。 ヘリは、群馬、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング