警察署金庫から覚醒剤紛失、部外者侵入形跡なし

読売新聞 / 2018年8月11日 15時42分

島根県警松江署は10日、覚醒剤事件で押収し、署内の倉庫で保管していた証拠品の覚醒剤などを紛失したと発表した。防犯カメラ映像の記録では部外者が侵入した形跡はなく、県警は署員への聞き取り調査を進めている。 松江署によると、覚醒剤を使用したとして5月に容疑者を逮捕した際、覚醒剤8グラム(末端価格約50万円)と注射器3本などを押収。透明なビニール袋に入れ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング