写真

日本水連は水球女子の合宿打ち切り問題について、第三者委の調査報告を公表した(左から水連の坂元専務理事、原朗水球委員長、第三者委の中川義宏弁護士、多賀啓弁護士、望月浩一郎弁護士、辰巳国際水泳場で)

日本水泳連盟は11日、都内で会見を開き、7月に行われた水球女子日本代表の合宿が途中で打ち切られた問題に関し、第三者委員回の調査報告を発表。SNS上で女子代表の戦術などを批判した男子代表の大本洋嗣監督(51)を、けん責処分にすると発表した。この問題は7月16日から21日まで横浜市内で行われていた女子代表の合宿が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング