インドのバジパイ元首相死去…98年に核実験

読売新聞 / 2018年8月16日 22時26分

【ダッカ=田尾茂樹】インドのアタル・ビハリ・バジパイ元首相が16日、ニューデリーの病院で死去した。93歳だった。首相在任中の1998年5月に核実験を断行し、インドの核兵器保有を宣言した。 24年、中部マディヤプラデシュ州生まれ。57年に下院選で初当選し、外相などを歴任。96年の総選挙で率いたインド人民党(BJP)が第1党となり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング