道路老朽化や強度不足の不安、イタリアに広がる

読売新聞 / 2018年8月16日 23時42分

【ジェノバ(イタリア北部)=佐藤友紀】イタリア北部ジェノバで14日に発生した高速道路高架橋の崩落事故を受け、イタリア国内では道路インフラ(社会基盤)の老朽化や高架橋の強度不足への不安が広がっている。ここ数年、崩落事故が続発しており、早急な 強靱 ( きょうじん ) 化対策を求める声が高まっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング