パナソニック吉川投手が米大リーグ挑戦へ Dバックス入り濃厚 

スポーツ報知 / 2018年8月16日 11時26分

今秋ドラフト1位候補で、パナソニックの最速148キロ右腕・吉川峻平投手(23)が来年から米大リーグに挑戦することが16日、分かった。複数の関係者の話を総合すると、ダイヤモンドバックス入りが濃厚となっている。ドラフト1位候補の社会人投手が、日本球界を経ずに米大リーグ入りすれば、2008年に新日本石油ENEOS(現JX―ENEOS)からRソックス入りした田沢純一(現エンゼルス)以来、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング