海保練習船、インド洋都市寄港…現地機関と実習

読売新聞 / 2018年8月21日 10時4分

海上保安庁は、遠洋航海をしている同庁の練習船について、来年度から新たにインド洋周辺の都市に寄港させ、現地の海上保安機関と合同実習を行う方針を固めた。同庁はフィリピンやマレーシアなど東南アジア諸国の海上保安機関への技術支援も強めており、アジア太平洋地域で各国との連携を深めている。 同庁の練習船「こじま」は毎年、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング