日本海に露の「SU35」、空自がスクランブル

読売新聞 / 2018年9月20日 19時22分

防衛省は20日、能登半島沖から北海道沖の日本海をロシア空軍の戦闘機「SU35」が19日に飛行し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。領空侵犯はなかった。SU35は2014年に極東に配備された戦闘機で、日本周辺で飛行が確認されたのは初めて。 同省によると、SU35は戦術偵察機などと計3機で飛来。旧型のSU27から航続性能やレーダー性能を向上させたモデルで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング