ロシアの反ドーピング機関の処分解除…WADA

読売新聞 / 2018年9月20日 22時38分

【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界反ドーピング機関(WADA)は20日、インド洋のセーシェルで常任理事会を開き、組織的ドーピングで資格停止となっていたロシアの反ドーピング機関(RUSADA)の処分解除を決めた。RUSADAは2015年11月から資格停止となっていた。 ロシア・パラリンピック委員会(RPC)を資格停止とした国際パラリンピック委員会(IPC)も、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング