人のiPS細胞から「卵子のもと」作製に成功

読売新聞 / 2018年9月21日 7時16分

人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、卵子のもとになる「 卵原 ( らんげん ) 細胞」を作ることに成功したと、京都大の斎藤 通紀 ( みちのり ) 教授(細胞生物学)らのチームが発表した。不妊症の原因解明などに役立つ可能性がある。論文が21日、米科学誌サイエンス電子版に掲載される。 チームは学内の倫理委員会の承認を得て、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング