受精卵「ゲノム編集」解禁へ…基礎研究に限定

読売新聞 / 2018年9月24日 9時39分

遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」を人の受精卵に行う基礎研究が、日本でも来春、解禁される見通しとなった。文部科学省と厚生労働省は28日に開かれる有識者会議で、研究に関する指針案を示す。 今回解禁されるのは、生殖補助医療に役立つ基礎研究に限られる。研究で使う受精卵は、不妊治療で使われなかった受精卵(余剰胚)だけで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング