休刊決定の「新潮45」、新潮社役員が説明「炎上商法ではない」

スポーツ報知 / 2018年9月25日 22時10分

性的少数者(LGBT)に対して差別的な特集を掲載したとして批判され、休刊が決定した新潮社の月刊誌「新潮45」について、広報担当役員の伊藤幸人氏が25日夜、報道陣に対応し、経緯を説明した。伊藤氏は「雑誌を休刊するというのは、我々にとって苦渋の決断だった」と吐露。21日に佐藤隆信社長が「偏見と認識不足に満ちた表現」などとする談話を発表後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング