辻仁成氏、「新潮45」休刊を批判「責任放棄」「社員も読者も作家も納得できん」

スポーツ報知 / 2018年9月26日 11時7分

作家の辻仁成氏(58)が26日、自身のツイッターを更新。性的少数者(LGBT)への表現が差別的だとの批判を受けている月刊誌「新潮45」の休刊が決定したことに「LGBTや世論の批判を45休刊でかわすのか?」と私見をつづった。同誌は7月18日発売の8月号で、自民党の杉田水脈衆院議員の「LGBTには『生産性』がない」とする寄稿を掲載し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング