JAL社長がこぼした関空復旧の「特殊事情」 「登場人物が多くてですね...」 

J-CASTニュース / 2018年9月26日 18時24分

台風21号で関西国際空港からの離着陸ができなくなっていた問題で、日本航空(JAL)の赤坂祐二社長が2018年9月26日の定例会見で「いろんな登場人物が多くてですね...」などとこぼす場面があった。関空の施設は政府が保有しているが、運営は2年前から民間会社に移行している。赤坂氏は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング