写真

ノーベル経済学賞が決まった(画像は「ノーベル賞」公式サイトより)

2018年のノーベル経済学賞は、ウィリアム・ノードハウス米エール大教授とポール・ローマー米ニューヨーク大教授に決まった。ノードハウス氏は「気候変動を長期的なマクロ経済分析に組み込んだ」功績、ローマー氏は「技術革新を長期的なマクロ経済分析に組み込んだ」功績が評価された。 「チャーターシティ」構想 ノードハウス氏は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング