男「押し倒され、むかついた」殺人未遂で再逮捕

読売新聞 / 2018年10月15日 20時20分

名古屋市中区錦のインターネットカフェで5月、男性客が刺殺された事件で、愛知県警中署は15日、住所不定、無職稲田 府見洋 ( ふみひろ ) 被告(22)(殺人罪などで起訴)を殺人未遂と公務執行妨害の疑いで再逮捕した。 発表によると、稲田被告は5月17日夜、二つ隣の個室にいた同県尾張旭市井田町、会社員大竹智之さん(当時35歳)を果物ナイフで刺した後、通報で駆けつけた同署の男性巡査部長(38)を殺害しようとした疑い。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング