昭和大「ずっとやっていた、不正認識なかった」

読売新聞 / 2018年10月16日 7時56分

医学部入試における差別の実態が、東京医科大(東京)に続き、昭和大(同)でも明らかになった。昭和大は、2浪以上の受験生が不利となる得点操作を続ける一方、卒業生の子弟を優遇していた。「必死に勉強してきたのに」。同大の学生や浪人生からは悔しさや憤りの声が相次いだ。 「ずっとやっていることなので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング