「おれ、選挙に出る」 死去の仙谷由人さん、若き改革派が「影の総理」になるまで

J-CASTニュース / 2018年10月16日 20時18分

民主党政権で官房長官を務めた仙谷由人さんが2018年10月11日、肺がんのため死去した。72歳だった。政治家としての知名度が高い仙谷さんだが、それ以前は労働弁護士としても活躍していた。弁護士時代から押しが強く、若手議員の頃には「社会党をつぶしますから!」と改革を目指して息巻いたこともあった。後年は民主党政権の中枢で手腕をふるうが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング